給食当番ファンクラブ【給食係】

Follow

$5.75 / month

Join VIP

高知の二期作農家さんを訪ねて(1)

給食当番ファンクラブ【給食係】

2023/12/04 13:51

Follow

ニュースを見るたび不安になる。

不安になるニュースばかりである。

全国を歩くと、美しい日本に感動する。

八百万の神々の住まう日本、この日本に生まれた幸運。

そんな日本が大好きなわけですが、どんなニュースも日本の危うさを感じるものばかり。

作曲家としてなんとか日本に貢献できないものかと、ずーっと考え続けている。

 

そんな想いが「日本を支える人や企業をを音楽で応援する」プロジェクトになっているわけですが、今回は高知。

 

高知にアプローチしたのは2021年

私は知らない土地に行くとまずレンタカーを借りてとにかく1周します。メジャーな観光地もダダダーっと巡ります。

そして全体を把握したらまずボスキャラが居そうな県庁、そして市庁、・・・の農林水産課、農業振興課、観光振興課、呼び名こそ地域で違えど、とにかく窓口に行って「ワタシは音楽家だ。あなたの地域のお役に立ちたい!!」と訴えまくる。

中央で訴えまくったら、少しづつまた地方に降りて行って、地方の役所で同じことをする。

 

だいたい「そんな方は来られたことがないので、我々としてもどう対応していいか・・・」と8割の方が言われる。そして「各部署で共有いたします」と言われて終わる。すごすごと帰ってくる。

そしてこのように言われたら、まず連絡はこない。

 

想いというものは「直接」じゃないと届かない。

 

どんなに素晴らしい資料をもって訪れようが、だいたい空振りに終わる。

 

やはり「こんな人がこういう想いでやっている」というのをダイレクトに見せることが大切だ。

 

 

高知というところは、中でも隈なく周った県のひとつである。

 

アプローチからどのくらいの年月を経たか忘れたが、女性の役所職員の方が「こんな方が興味を示されているので連絡してみてください」と返信をくださった。

 

・・・そのようなご縁から高知の話は始まった。

 

高知という土地は平地が広くはない。なので同じ田んぼから二回収穫をするという伝統農法「二期作」をやっている。しかしお米を作りすぎてはいけないという国の政策により「減反」を迫られ、農家の数も激減。なんとかこの地を盛り上げたい・・・

 

と連絡をくださったのが、高知県の米農家さんNさんだ。

 

 

とにかく現場に赴いて体験させてほしいと日程調整をし、2023年の7月。はじめてお会いすることとなったのだった。(続く)

Report the page

コピーしました

You can check the contects only for VIP member which are posted by owner after becoming a VIP member

給食当番ファンクラブ【給食係】 $5.75 / month

Join VIP

コピーしました