給食当番ファンクラブ【給食係】

Follow

$5.75 / month

Join VIP

人間が心から喜ぶ瞬間とは

給食当番ファンクラブ【給食係】

2024/02/13 00:31

Follow

知り合いのフレンチ料理人。

憎まれ口やいじけたセリフをよく吐くのだけど、客が美味しいと口にすると本当に心からの笑顔を見せる。

人間が心から喜べる瞬間を見た感じがした。

 

自分が心から喜べる瞬間はなんだろう?

齢50も過ぎれば一通りの人生体験も済ませたように感じてはいるが・・・

本当に心から嬉しい時というのは、自分の欲望を叶えた時ではないと思う。

料理が美味しいとか、景色や女性が美しいとか、そういうことではなくて

 

自分が人の役に立った時

人を感動させた時

人の喜びに貢献できた時

 

なのではないかな?と思う。

人を幸福にすることが出来るなんて、そんなミラクルパワーは人知を超えている。

 

「曲を聴いて涙が出た」「泣きそうになった」

 

そんなことを言っていただける瞬間を求めて、曲を作っていると言っても過言でないのかもしれない。

 

誰かに必要とされるとか、社会に役立っているとか、自分の価値を認められた時、どんな美味しいものを食べることより魂が【この世に生まれてよかった】と震える。

 

険しい顔で隣で呑んでたオジサンの愚痴に付き合って、打ち解け合う時はやはりお互いを認め合うことができたからだ。「お兄さん、話がわかるね、そう、そうなんだよ。」

この通じ合う喜び、というのも魂がとても震える。

そこまで良い事をしたわけではないのだけれど。

 

魂は基本的に孤独な存在で、いつも自分をわかって欲しいと思っている。

誰もが自分をわかって欲しい。通じ合いたい。

 

しかし、自分すら自分をわかっていない。

他人であるあなたを、私がわかるはずがない。

そもそも「わかる」なんて無理。それが人生のテーマなのだし。

 

でも、お互い「人生の真実を求める者同士、互いの姿を勇気にかえて頑張っていこうじゃないの」

 

そんな根底からミンナミンナという曲は生まれた。

 

君の苦しみは君の苦しみ。

僕の苦しみは僕の苦しみ。

 

かわってあげることはできない。

それが君の人生の課題のひとつひとつなのだから、君はそれを越えたらいい。

僕は自分の越えるべき課題がある。

 

なんだか良い曲なんじゃないか?

「ミンナミンナ」って(笑)

 

・・・なんでそんな話に着陸したのだろうね(笑)

せっかくなので聴いてください。

 

 

 

探してたら、へんなカバーPVも見つけたwww

 

カバーありがとうwwwwww

 

 

(※これらのブログは一定期間を経過するとファンクラブ限定コンテンツとなります)

Report the page

コピーしました

You can check the contects only for VIP member which are posted by owner after becoming a VIP member

給食当番ファンクラブ【給食係】 $5.75 / month

Join VIP

コピーしました